産廃業の許可申請は知識豊富な代行を利用するのが安心

産廃業の許可申請を行う時に代行を利用されるケースが多くなっていますが、許可申請自体は自ら書類を集めて、申請書類を作成すればできないわけではありません。

しかし、年々規制が厳しくなると言われている産廃業は法律的な要素が非常に強く、許可申請を行っても審査に通過できないケースもゼロではないと言います。また、代行を利用したからと言って100%の保証はありませんが、経験豊富な行政書士や産廃業に精通してことや常に新しい情報を入手し続け知識を向上させている行政書士に依頼することは許可を得られる可能性が高くなるのです。

産廃業の許可申請の中には、欠格要件に含まれないことが基本になっていますが、欠格要件は産業廃棄物処理業の申請者に対する一般的適性、簡単に言えば申請者が適しているのか否かを見極めるルールのようなものです。産業廃棄物についての知識を持っているのか、廃棄物の回収や保管などの適切な方法を把握しているのか、他にも破産者や暴力団員などの特別枠に含まれていないのか、さらに過去に禁固以上の刑罰を受けていないのか、これらの要件の中でも1つでも該当するものがあれば申請は却下されてしまうわけです。

仮に、破産者が代行を利用して申請をしたいと言っても行政書士側はその案件について辞退することになりますので、産廃業の許可を得たいと考えている人は失格要件に含まれていないか否かを認識すること、そして気になる部分がある時には行政書士に相談がお勧めです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *