産廃業の許可申請代行は利用するべきか

産廃業の許可申請代行を行政書士に依頼すれば料金がかかります。

格安というものではなく、行政書士を通さなければならない義務もないので自分で行えば出費を抑えることができますが、それが適切であるのか考える必要があります。この届出をするには指定した書類を作成して揃えることになりますが、単純なものではありません。そのため、過去に自分で届出をして許可が出ており、他の都道府県に事業を拡大したい場合などは依頼しなくても良いでしょう。

知識がない状態で対応するのは不可能ですので、この場合は勉強して法律などを学ぶことになります。その分の時間が必要になるので、それを時給に換算すれば実質的には出費が発生するとも考えられます。さらに、それが終わるまでは届出ができないので業務の開始時期がそれだけ遅れるので、この分も機会損失で利益が減少している、という視点を持つことが重要です。

これらを考慮すると、産廃業の許可申請代行を利用すればすぐに届出ができるので無駄がなくなり、依頼料を考慮しても得になるという見方ができます。また、問い合わせや相談にも応じていますので、ルールに違反するのか判別できないときに確認することで許可が取り消しになる危険性の回避もできます。産廃業の許可申請代行はどの行政書士に依頼しても良いというものではありません。各事務所で専門に扱う分野が異なるので、ウェブサイトなどでこの業務が得意であると宣伝しているところを選びます。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *