産廃業の許可申請は代行してもらう方が良いのか

行政書士であれば企業に代わって役所へ提出する書類を作成したり、手続きすることが認められています。

そのため、産廃業の許可申請を代行する事務所もあります。依頼すれば費用がかかるので、自分で手続きを行った方が良いのか検討する必要があるので、依頼した場合とどのような違いがあるのか比較して決めると良いでしょう。産廃業の許可申請を代行してもらったときに大きな違いが出るのが、許可が出るまでの時間です。

単純な書類作成ではないため、素人なら勉強して対応することになります。これに加えて最初から完璧な書類を作成するのが難しく、役所から追加で提出をするように指示される場合も少なくありません。この繰り返しが起きれば事業を開始する時期が遅れます。この時間は非常に重要なもので、まず勉強や書類作成、役所への出頭の間は担当者の通常の業務は止まっているのでその分の人件費が手続きのために発生しています。

また、産廃業の許可申請を代行してもらったときよりも事業の開始が遅れた分は業務の機会損失です。人件費や遅れなければ得られていた利益を考慮した場合、行政書士への依頼料よりも高くなることも考えられます。この許可は取り消しになる場合もあるので注意が必要です。書類の作成方法だけ理解して、実際のルールを正確に理解していなければ違反することがあります。発覚すれば業務が行えなくなるので、行政書士を利用して相談や問い合わせをし、齟齬が起きないようにすると安心です。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *