産廃業許可申請は代行が便利です

産廃業許可申請を自ら行うのでなく、代行業者を利用される人も少なくありません。

代行業者を利用すると報酬の支払いは必要になるものの、お金は後から取り返すことができる、時間は取り戻せないなどからも、例え報酬の支払いがあっても代行業者を使いたいと考える経営者が多いようです。産廃業の許可申請を依頼するメリットは時間を節約できる点が挙げられます。代行を行うのは行政書士で、自分に代わってすべての手続きを行ってくれるため、時間を自由に使えるメリットもあります。

しかしながら、本来のメリットは許可申請を行うことができるのか否かをジャッジできる点です。産廃業の許可には法律で定めが行われた必要要件に満たしていることが基本的な条件になっているのが特徴です。必要要件には、その事業の用に供する施設や申請者の能力が、その事業を的確に持続した形で行うことができる、環境省令内で定めが行われている基準に適合するものである、などのような基本事項を満たしていることが許可申請を行うことができる条件になっているわけです。

これには細かな事項も含まれているなどからも、産廃業の申請ができるのか否かを把握しにくいケースもありますし、申請を行っても許可が下りないのであれば事業をスタートすることができなくなります。その点、代行業者に相談をすることで、産廃業の許可申請ができる状態であるのか、仮に、申請ができない状態の時には何をすべきか、こうしたアドバイスを受けることもできるメリットを持ちます。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *